技術向上

イレギュラーバウンドする打球を打つバッティング方法

イレギュラーバウンドする打球を打つバッティング方法

野球において、野手が平凡なゴロをエラーする時があります。

大半は野手の集中不足によるものですが、他にも理由がある場合があります。

それは、

打球がイレギュラーバウンドした時

です。

イレギュラーバウンドとは、決まった球筋、思い込んだ球筋から、急に地面の出っ張りや、グラウンド状況により、野手が想定している軌道を逸れることです。

あまり気にはしていないものの、細かいイレギュラーバウンドは、常に起きてはいますが、軌道が変わるような大きな軌道の変化は瞬時に対応できずヒットやエラーという結果をもたらします。

最大のポイントは、

投手にしてれば打ち取ったと思った打者が出塁してしまうため精神的なダメージが大きくなること

です。

つまり、攻撃側からすればイレギュラーバウンドにはメリットしかありません。

そんなイレギュラーバウンドがもし意図的に打てるとしたら・・・そんな方法を知りたくはないでしょうか?

野手が確実にエラーしてしまうようなイレギュラーバウンドは、石ころやグラウンドの凹凸レベルの変化がないと生み出せませんが、イレギュラーしているように見せかけることは可能です。

その方法とは

打球(ボール)に回転を与えること

です。

好打者と呼ばれる選手は、知らず知らずのうちにこの方法を用いていることが多い傾向にあります。

打球に回転を与えるための方法は、バットと自分の身体の間でボールを捉えるような感覚でスイングしていくことで可能になります。

すると回転を与えるだけでなく、芯に当たる確率も高められるため、打率まで向上させることができます。

ライト方向のゴロの打球は右にキレていき、レフト方向のゴロの打球は左にキレて行くような打球となるでしょう。

三遊間や、一二塁間への打球はショートやセカンドが追いかけにく打球となり、イレギュラーの確率を高めるため、少しでもグラウンドが荒れていればイレギュラーしてしまうでしょう。

打順が1番や2番、9番あたりの打者は習得しておきたいバッティング技術でしょう。

少し姑息な方法に思えるかもしれませんが、同じチームにそんな打者がいれば心強いのは言うまでもありません。

野球選手なので、何がなんでも試合に出場できるようにならなければなりません。

試合の出場権を獲得するためならやれることはトコトンやるようにしましょう。

どんな練習をすることよりも一試合の経験に勝る成長の機会はありえません。

技術向上の関連記事

Contents Menu

簡単にバットの芯で捉えられるようになる裏技
あなたが試合に出られないのは信用がないから~技術は二の次~
甲子園を目指す高校野球が野球選手としての未来をつぶす
バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。
筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~
バッティングを良くしたいなら練習時間を減らすこと

最新記事のチェックにフォローしよう