技術向上

バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。

バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。

ピッチャーであれ、バッターであれ、本気で上達したいのなら「フォーム」というのを作ろうとしてはいけません。

ちょっと矛盾しているように感じてしまうかもしれませんが、

フォーム作りをしないようにフォーム作りをすることが大切

です。

わかりにくいと思うので解説していきます。

なぜ「フォーム」を作ってはいけないのかを考えていく前に、そもそも現在の「フォーム」がどうやってできあがっているか考えてみましょう。

フォームというのは、

無意識の内に行っているもの

です。

実際にバッティングする瞬間にフォームがどうかとか考えてスイングをできるでしょうか。

意識できたとしても、振り始める前、もしくは振り終わった後に結果をみて気づくことです。

つまり、

バッティングしている瞬間にはフォームのことなんて意識できない

ということです。

そんななかで、バッティングフォームをつくることは、「無意識」のうちにやっていることを「意識」的にやろうとしていることです。

「無意識」のうちにやっていることを、「意識」的にやろうとすることには無理があります。

しかし、野球界では「精神論」というやっかいな考え方が存在しています。

そのため、「意識的にできること」と「無意識にしていること」が混在していても押し付けられてしまいます。

>次のページ:バッティングを良くするために必要な考え方

技術向上の関連記事

Contents Menu

地面を強く蹴っても足は速くならない
バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因
フライ理論が今ではバッティングの常識
野球選手に必要なのは勝つことなのか成長することなのか
ホームランには打ち方があります~ボールへのバットの当て方のハナシ~
日本の野球界はどこにいこうとしているのか。

最新記事のチェックにフォローしよう