技術向上

左打者は流しやすいのに、右打者が流しにくいのはなぜ?

左打者は流しやすいのに、右打者が流しにくいのはなぜ?

突然ですが質問です。

左打者のスイングと右打者のスイングは左右対称でしょうか?

いつも、takebat.comをご覧頂いている方は想像がつくかと思いますが、答えは左右対称ではありません(『野球選手が左右対称に鍛える必要がない理由』)。

感覚的に分かっているかもしれませんが、

左打者は右打者に比べると流し打ちがしやすい

という部分を見れば左右対称でないことが分かりやすいのではないでしょうか。

当然ながら選手の特性によって違うため全ての人に当てはまるわけではありませんが、事実として皆が認識していることです。

では、この事実をもう一歩深めてみましょう。

流し打ちのやりやすさが左右で変わることは

左打者は詰まりにくく、右打者は詰まりやすい傾向にある

ということでもあります。

「詰まりやすさ」という捉え方をすれば原因が分かりやすくなってきます。

>次のページ:左打者は詰まりにくく、右打者が詰まりやすい理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

リストの強さと打球は関係ないって知ってました?~野球の常識はスポーツの非常識~
打者がバッティングトレーニングすべきことは1つだけ
王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~
素直にバットを出すとアッパースイングになるって知ってた?
打者がシーズンオフに必要なことは常識と真逆だったという事実
選球眼を良くしたいならボールを良く見てはいけません。

最新記事のチェックにフォローしよう