技術向上

バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因

バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因

バッターであれば誰でもが「バッティング」を行う時に最も気にかけていることとは何でしょうか。

人それぞれ様々あると思いますが、「バット」の「芯」でとらえるということが最も多いポイントの一つでしょう。

そのため、バッターは日夜練習を繰り替えていると思います。

しかし、そのバッティング練習の中で何を考えて練習しているでしょうか。

何となくバットを振り続けていないでしょうか。

どうやったら「芯」でとらえやすくなるのかを考えたことはあるでしょうか。

大半の野球選手が「バット」に「ボール」を当てるために考えていることは以下のようなことではないでしょうか。

・ボールをよく見て、バットに当てるように振る
・芯で捉えられるように振らないと当たるようにならない
・とにかくバットを振って当たる感覚を身に着ける

さて、これらの結果、「芯」でボールを捉えられるようになったでしょうか。

さらに今聞いているのは、練習中のハナシではなく、実際の投手と対戦した試合中のハナシです。

恐らく芯でとらえられるようにはなっていないはずです。

仮に捉えられても一時的なものか、練習中だけのハナシで試合の結果には全く結びついていないのではないでしょうか。

上手くいかない理由は簡単です。

実際の「バッティング」をするときのことを考えれば分かります。

>次のページ:バッティングにおいて芯でとらえられるかどうかはタイミング

技術向上の関連記事

Contents Menu

バットを「振る」から打てないって知っていましたか? ~バットは「押して」打つ~
筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~
バッターが三振しないために大切な2つのポイント
打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~
軸がぶれないバッティングとは何なのか
野球界の無意味な練習をどんどん排除しましょう ~野球を上達するために必要な事とは?!~

最新記事のチェックにフォローしよう