技術向上

野球界のバッティングトレーニングは間違いだらけ

バッティングトレーニングの基本はホームランを狙うこと

野球界には様々なバッティング理論が存在し、様々なトレーニング方法が存在しています。

takebat.comでは、自分の身体にあったものであれば、どんなフォームやどんな理論を取り入れていても構わないと思うのですが、たった一つだけ行って欲しい練習があります。

それは

ホームランを狙ったホームランを打つための練習をすること

です。

なんてことを・・・そんなことしたら監督やコーチに怒られてしまうよ・・・と思った方は、こっそり隠れてでもホームランを狙ったバッティング練習を必ずしてください。

それぐらい重要なことです。

なぜホームランを狙った練習が必要かというと、

ホームラン以外を意図したバッティングは、フォームをこじんまりとしたものにしてしまうから

です。

簡単に言えば、打者としての可能性を制限してしまうものになってしまうからです。

というよりも、本来は全てのバッティング練習はホームランを打つためのものであると言っても過言ではありません。

目の前の生き残りをかけたような、小細工をした野球のやり方はプロ野球選手になってからで十分です。

少なくとも高校生ぐらいまでは、いつでも全力フルスイングできるぐらいの準備をしておいた方が良いでしょう。

>次のページ:ホームランを打つためにはホームランを打つトレーニングをしないと打てない

技術向上の関連記事

Contents Menu

打球に飛距離を生み出すために考えなければいけないこと
うさぎ跳びは効果的なトレーニング ~うさぎとびが「膝」や「腰」に悪いのは嘘~
TFCC損傷の治療と対策について ~TFCC損傷の自己対策方法~
野球選手がたくさん食べると弱くなる?
野手は腰を落とせば落とすほどエラーする
ゴロは前に出た方が捕りやすいのは本当なのか

最新記事のチェックにフォローしよう