技術向上

バッティングが良くならないなら練習を辞める

バッティングで打てない原因は練習量ではない

野球界でありがちなバッティング練習の光景があります。

それは、

試合で打てない、結果がでない時に、「振り込むしかない」、「打ち込むしかない」と考えてとにかくバットを振り続ける

という光景です。

さらにそれでも打てなかったら、

さらにバッティング練習の時間を伸ばし、バットを振り込む本数を増やす

という考え方をします。

そしてまた打てなかったら・・・同じことを繰り返し・・・さすがにいつの日か、打てる試合があるまで振り続けます。

そんな日が来た時、選手や監督、コーチが考える事は何でしょう。

それは、

あれだけバットを振って打ち込んできた結果が身を結んだんだ

というこです。

しかし、確率的に考えれば、たまたま打てる日なんてある程度の練習をやっていればいつか訪れます。

そもそも、練習量が打てない原因だったとしたら、最初の段階では練習をさぼっていたということになります。

本当にそうでしょうか?

誰から見ても苦しい練習をしていないでしょうか?

打てない原因を練習量だと考えている限り、たまたま打てた日があっても次の試合には打てなくなっているでしょう。

それでも打ち続けられた場合は、たまたま上手くかみ合ったか、精神的な問題であっただけです。

打てない原因の根拠を練習量だと考え続ける限り、根本的な上達をすることもなく調子の波に振り回される打者であり続けるでしょう。

>次のページ:バッティングが良くならないなら練習を辞める

技術向上の関連記事

Contents Menu

手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは
野球選手が勉強することによって得られるメリット
バッターはフルスイングすることが難しいことを理解することから
足の指の付け根に力をいれても力は入りません。
打率を上げたいならアッパースイングが理想的・・・ですが。。。
相手の監督を惑わせて試合を制する ~非常識な勝利を掴み取る方法~

最新記事のチェックにフォローしよう