技術向上

バッティング上達に足りないのは練習ではない

バッティング上達に足りないのは練習ではなく勉強

野球選手は日夜野球のことばかり考え、日中は練習をし続けていると思います。

打者であればバッティングを良くするために、日が沈んでからも素振りを繰り返しているのではないでしょうか。

しかし、

野球選手は練習のしすぎで下手になっている

と言い切れます。

細かい話は別の記事に記しているのでそちらをご覧ください(『上達する一番の方法は”サボる”こと~野球の常識はスポーツの非常識~』)。

基本的に野球選手は体がオーバーユーズの状態です。

つまりは体が疲労しすぎている状態に慣れて本来の力を発揮できない状態でプレーをしています。

また、練習をしすぎていることで野球選手として、人間として大切なことが疎かになっています。

その大切なことが疎かになっているからこそ、自分の身体の状態や練習をしすぎていることに気づかないという負のループを生み出しています。

では、その大切なこととは何なのでしょうか。

それは、

勉強

です。

>次のページ:野球選手の大半は野球で生きていけない

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングトレーニングするぐらいなら脳トレをしよう
ボールを身体とバットの内側に! ~バッティングするボールを軽く感じる方法~
レベルスイングがバッティングに与える影響
変化球の打ち方はたった2種類しかないって知ってた? ~基本的な変化球の打ち方講座~
腕をしっかり振れば振るほど打球が飛ばなくなっていくという悲しい現実
バッティングの重心位置は前でも後ろでも構わない。

最新記事のチェックにフォローしよう