技術向上

野球選手に必要なトレーニングの結果とは

野球選手に必要なトレーニングの結果とは

結果的に野球技術の向上につながらないトレーニングは必要ありません。

大切なことなのでもう一度言います。

野球技術の向上に結果的につながらないトレーニングは不必要です。

では反対に、野球の数ある練習の中でも、最も結果を出しやすい練習とは何でしょうか。

それは

苦しいトレーニング系の練習

です。

例えば、ランニングなどの長距離走や、筋トレを通したMAX値の測定です。

長距離を走る練習は、死にそうになるぐらい真面目に頑張って走り続ければ、比較的容易にタイムが縮みます。

また始めた頃は苦しかった肺も、比較的すぐにそれほど苦しくならないように走ることができます。

筋トレならなおさらです。

何らかのMAX値を更新したければ、その種目をとにかく継続し、筋力量を増やせばMAX値を更新することができます。

このような苦しいトレーニングは、結果が出やすいため分かりやすい結果を求める選手にとっては、ある意味では楽しい練習の一つでしょう。

しかし、この段階であることに気づかないでしょうか。

それは、

苦しいトレーニングによって得られる結果が野球選手にとって必要な結果ではないこと

です。

>次のページ:野球選手として上達しないトレーニングはいらない

技術向上の関連記事

Contents Menu

インナーマッスルは鍛えても意味がない
野球選手に足りないモノ ~野球はマイナースポーツだと理解すること~
野球が上達するために必要な練習を見分ける方法
スイングしているとできる”マメ”について解説してみました。
野球選手がいくら短距離ダッシュをしてもキレは生まれない
バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~

最新記事のチェックにフォローしよう