技術向上

打者がバッティング練習ですべきことは1つだけ

打者がバッティング練習ですべきことは1つだけ

野球選手の打者が最も取り組まなければいけない練習とは何でしょうか。

それは、

遠くまで打球を飛ばすこと

です。

細かい技術などを覚えるように言う人もいると思いますが、

小学生~高校生くらいまでの間は「フルスイング」でどれだけ打球を遠くまで飛ばすことができるのか

ということを練習するべきです。

もちろん、「流し打ちの技術」や「進塁打を打つ技術」などを否定しているわけではありません。

素晴らしい技術です。

しかし、遠くまで飛ばすことができれば細かい技術は後から何とでもなります。

さらには「ホームラン」を意図して打てるなら細かい技術なんて必要ありません。

若いうちから細かい野球技術を身につけることは、その選手の可能性を閉ざしている可能性があることを忘れてはいけません。

「試合に勝つ」ことを目的とした時、それは小学生であったとしても、細かい技術を身に着ける方が勝率を高められるのは事実でしょう。

なんなら若い世代の方が細かなテクニックを有効的に使える瞬間が多いかもしれません。

しかし、若いころから細かなことをしている選手が、将来の「スター選手」や「職業野球」を行えるような選手にはほとんど育つことはないでしょう。

>次のページ:ドミニカの少年達はバッティング技術なんて練習しない

技術向上の関連記事

Contents Menu

打球に飛距離を生み出すために考えなければいけないこと
バッティングを向上させるためにフォームはつくらない
バッターがテイクバックをとらないのはこれからの常識
筋トレをするその前に ~遠くに打球を飛ばすために筋トレが意味をなさない理由~
バッティングに必要なことはスイングスピードではない
野球が上達するために必要な練習を見分ける方法

最新記事のチェックにフォローしよう