技術向上

バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと

バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと

打者がバッティングをしている時に「捉えた!」と思ったのに「空振り」や「ファール」になることがあると思います。

そんな時に、なぜこんな現象が起きるのか考えたことはあるでしょうか。

大半の打者は、特に何も考えずに次の打席、次のボールへと気持ちを移していくことでしょう。

引きずらないという意味合いでは良い面があるものの、何の考えなしにバッティングを繰り返していては、常にギャンブルをしているようなものです。

実は冒頭の現象を紐解けば、バッティングの肝が見えてきます。

それでは、なぜ「捉えた!」と思っても現実では全く異なる結果が生まれることがあるのでしょうか。

それは、

目で見た認識と脳で処理した認識にズレが生じるから

です。

「?」がついた人もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれは全ての人間が体感していることです。

この意味が理解できない人は、なかなかバッティングが上達しないか、たまたま上手くいっていたバッティングが上手くいかなくなると簡単にスランプへと陥るでしょう。

>次のページ:バッティングの動作は既に過去のものだからズレて当然

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングで前を大きく振ろうとしても無意味
バッターに筋力トレーニングはいらない
打者のバッティングのボールの待ち方
野球選手に筋トレは必要ない?!
野球選手の大半は「体幹」が何なのか知らない
ホームランを打つために必要な3つの要素

最新記事のチェックにフォローしよう