技術向上

バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術

バッティング技術とは

では、「バッティング技術」とは何なのでしょうか。

それは

ボールとバットをぶつける「タイミング」、ボールとバットをぶつける「位置」、ボールとバットをぶつける「角度」

のことです。

中でも最も大切なことが「タイミング」です。

野球は、基本的に投手と打者の心理戦です。

その心理戦で投手は打者のタイミングを外そうとし、打者は自分のタイミングでバッティングしようとします。

「タイミング」とは

フルスイングできること

と置き換えても問題ありません。

当然ながら、フルスイングでなくてもホームランを打てたり、ヒットを打てたりすることもありますが、それはあくまで運が良かった時です。

打者の基本はあくまで「フルスイングできること」です(『バッティングでフルスイングするのは難しいって知っていますか?』)。

その上で「場所」と「角度」が揃うことでバッティングの結果が決まります。

バッティングは「タイミング」、「場所」、「角度」をほんのゼロコンマ何秒の間に調整しなければなりません。

そんな微調整は一朝一夕に身につくものではありません。

当然、反復練習が必要になってきます。

しかし、ただ単純に反復練習をすれば上達するわけではなく、

打球を遠くに飛ばす条件が揃った上での反復練習をどれだけ多くこなすことができるか

ということが重要です。

できないことを同じ感覚でやり続けても一生できません。

むしろできないことが当たり前だと身体が認識してしまい野球が下手になってしまうでしょう(『「できないこと」を練習しても意味がない』)。

>次のページ:野球人生の短さを考えれば筋トレをやっている暇はない

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは準備段階で8割勝負が決まっている?!
プロ野球選手になるために最も必要なこと
バッティングで打てない原因はヘッドの位置なんて気にしているから
フライをあげるのはそんなに悪いことではない
足の指の付け根に力をいれても力は入りません。
ボールをよく見るから打てません~周辺視野の鍛え方~

最新記事のチェックにフォローしよう