その他

野球を辞めた後に困りたくなかったら野球で生計をたてようとしてはいけない

NEXTFUN-野球を辞めた後は野球界を離れるススメ

現役で野球をしている人にとって辞めた後のことを考えるのは難しいかもしれません。

しかし、どんな形でも現役生活を辞める時が来ます。

プロ野球選手の監督やコーチになった人は生涯現役に近い形で野球に関われるかもしれませんが、そんな人はプロ野球選手になることより困難かもしれません。

人数で言えば指導者の立場の人間の方が圧倒的に少ないことを考えれば、大半は野球で生計を立てられなくなっているということです。

割合だけの話で言えば、野球を辞めた後に野球で生計を立てようとすると後悔する人の方が圧倒的に多いと言えます。

しかし、野球に長年関わってきた人であればあるほど、野球という競技が体に染み付いてしまっています。

脳は完全に野球脳になっています。

生きていく感覚も野球界での感覚が染み付いてしまっています。

そのため、内容が正解か不正解かは別としても、野球技術を教え、野球人生の中で学んだことを伝えることは比較的容易です。

なぜならすべてが経験してきたことだからです。

そんな理由から、野球塾のような施設を作る人が増えてきていますが、重要なことを忘れてしまっています。

それは

野球をやってきたからといって単純に野球を教えることができるということではない

ということです(野球を指導する上で根本的に大切なこと)。

>次のページ:野球を辞めた後に困りたくなかったら野球で生計をたてようとしてはいけない

その他の関連記事

Contents Menu

takebat.com1週間まとめ記事(2015年11月23日~11月29日ver.)
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月9日~5月15日ver.)
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月23日~5月29日ver.)
野手にも選手生命を終わらせる故障があるってご存じですか?
【第1話】アンパイアも実は不安でいっぱい ~審判を利用して試合に勝つ小悪魔的手法~
takebat.com1週間まとめ記事(2015年11月30日~12月6日ver.)

最新記事のチェックにフォローしよう