技術向上

ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?

ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?

野球選手であれば、練習前と練習後、試合前と試合後に必ずストレッチをやっていると思います。

指導者の方から指示されている場合もあれば、当たり前すぎて必ずやっているという選手もいるはずです。

怪我や故障の予防になると言われているので、大半の選手が一生懸命にストレッチをやっています。

しかし、そんな選手には悲しいお知らせがあります。

それは、

ストレッチはいい加減にやるぐらいの方が効果が大きい

という事実です。

むしろ、一生懸命にやってしまうと、故障リスクを高めるか、野球選手としてのパフォーマンスの低下につながりかねません。

本日の記事をきっかけにストレッチを行う意味について考え直してみましょう。

>次のページ:ストレッチのメリットとは

技術向上の関連記事

Contents Menu

重心は後ろがいいの? 前がいいの? ~スイング時の重心位置のハナシ~
野球が上達するために必要な練習を見分ける方法
秋の大会で勝つためにチームに導入すると良いこと
野球選手は「強さ」の定義を明確にしなければいけません。
スイングはキレイな円を描くとダメ! ~これからのスイングの常識はインサイドアウトが鍵~
これからの野球選手は頭を使ってトレーニングする時代

最新記事のチェックにフォローしよう