技術向上

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

野球選手は「筋トレ」をして筋肉を肥大化させることが大好きです。

最近では、とにかく「筋肉」をつけても野球選手には意味がないことは知られつつあります(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ』)。

とはいえ多くの野球選手は知らないのか、辞めてしまうのが怖いのか「筋トレ」を続けています。

そんな方には「強さ」の定義をお考えてになることをおススメしています(『野球選手としての「強さ」の定義 ~トレーニングでどう強くなりたいのか~』)。

本日の記事のタイトルにある「筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい」にピンと来た人はかなり感度が良い方でしょう。

矛盾しているように感じるでしょうか?

「筋肉」について適切に考えられている人からすれば、まったく矛盾していない内容です。

では、本日のタイトルの意味が理解できるように解説していきましょう。

>次のページ:野球選手なら知っておきたい「筋肉」と「関節」の働き

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手に筋トレが意味をなさない理由
バッティングで変化球に泳がされないために必要なこと
あなたはリラックストリガーロックって知ってますか? ~全てのバッティングの土台となる考え方~
バッティングにはインステップとアウトステップどっちが良いのか。
方法は1つしかありません。 ~守備範囲を広げるたった1つの方法~
バッティングをする時にヘッドは下がらなければバットを振れない

最新記事のチェックにフォローしよう