技術向上

アッパーであろうとダウンであろうとバッティングには関係ない

あなたのスイングはアッパーなのかダウンなのか

小さな頃から野球経験者であれば、耳にたこができるほど言われてきた教えがあると思います。

それは、

・「ゴロを転がすように上から叩きなさい」
・「ダウンスイングで上から下へ振れ!」

というアドバイスです。

そしてこれらの言葉から始めって、決まって議論されることがあります。

それは

「ダウンスイング」が良いのか、「アッパースイング」が良いのか

という議論です。

バッティングには様々な理論が存在し、全ての理論がスイングの方法やスイングの形に集約されていきます。

しかし、そこにはある大切な考え方が忘れられています。

それは、

どちらが良いのかの前に、ダウンスイングもアッパースイングも結局は同じ

だということです。

どの部分を捉えて「アッパー」なのか、「ダウン」なのかということを考えてから考えないと、どちらがいいのかの議論することに意味がありません。

>次のページ:アッパースイングもダウンスイングも結局同じ

技術向上の関連記事

Contents Menu

大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
体幹がなぜ大切か知っていますか? ~体幹はあくまで「ハブ」であるだけ~
バッティングスイングを簡単に改善する方法
野球界のトレーニングが根本的に間違ってしまう理由
野球選手がダウンにするキャッチボールに意味がない?! ~ダウンをするタイミングが鍵~
野球が上手くなるための練習は同時に下手になるリスクが伴う

最新記事のチェックにフォローしよう