技術向上

アッパースイングもダウンスイングも実は同じ

アッパースイングもダウンスイングも実は同じ

小さな頃から皆さんが耳にたこができるほど言われてきたことがあると思います。

それは、

・「ゴロを転がすために上から叩きなさい」
・「ダウンスイングで上から下へ振れ!」

という言葉。

そして、その言葉から始まって、議論され続けていることがあります。

それは

「ダウンスイング」が良いのか、「アッパースイング」が良いのか

ということです。

しかし、明確な答えはないまま歴史は繰り返されています。

その理由は、野球選手が具体的な検証を行わないため、なんとなく昔から言われていることを繰り返しているためです(『知的野球人がこれからの野球界を創る』)。

かくいう私も野球を辞めて、さらには野球界から離れて初めて検証するようになりました。

そして分かったことがあります。

それは、

どちらが良いのかの前に、ダウンスイングもアッパースイングも結局は同じ

ということです。

どの部分を捉えて「アッパー」なのか、「ダウン」なのかということを考えずに、どちらがいいのかを議論したところで無意味だということです。

>次のページ:ダウンスイングでアッパーすんぐしましょう。

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングで変化球に泳がされないために必要なこと
野球選手全てに当てはまる構え方なんてない
野球の試合で勝つために最も大切なこと
野球選手の練習の異常さはサッカーに置き換えれば理解できます。 ~センターラインからシュートを打ち続ける野球選手~
置きティーバッティングに意味はありません。 ~置きティーバッティングが無意味な理由~
野球選手は自分で考える力が皆無

最新記事のチェックにフォローしよう