技術向上

野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない

野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない

野球選手は古くから「腹筋」や「背筋」を鍛えるの大好き(?)です。

いわゆるシックスパックと呼ばれる如何にも強そうな身体作りをしています。

そして最近の流行りで言えば、「腹筋」や「背筋」を鍛えることで「体幹」を強くしようというトレーニングが盛んに行われています。

しかし実は、

野球選手にとって「腹筋」や「背筋」を鍛えても意味がない

て知っていました?

まさかの事実に感じる人がたくさんいるのではないでしょうか。

ただし、一点気を付けなければいけないことがあります。

それは「鍛える」という意味合いです。

人間にとって「腹筋」や「背筋」が大切であることは間違いありません。

そしてスポーツ選手としては、各筋肉を鍛えることでパフォーマンスが向上することも間違いのない事実です。

しかし、

その「鍛える」の内容が筋肉量を増やしたり筋肥大させることが目的で行っているなら間違い

です。

野球選手にとって見せるための筋肉は必要ありません。

野球選手にとっての「鍛える」の意味を考える必要があります。

次のページ:野球選手にとっての「鍛える」とは

技術向上の関連記事

Contents Menu

今やっているトレーニングは本当に野球のためですか?
野球で勝利するために一番必要なことは練習ではない ~ミスしないために必要なこと~
甲子園を目指す高校野球が野球選手としての未来をつぶす
野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない
バッティングはボールを平行に見てはいけません
TFCC損傷って知ってる? ~打者のリストを痛めやすい理由と対処法~

最新記事のチェックにフォローしよう