技術向上

野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない

野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない

野球選手は古くから「腹筋」や「背筋」を鍛えるの大好き(?)です。

いわゆるシックスパックと呼ばれる如何にも強そうな身体作りをしています。

そして最近の流行りで言えば、「腹筋」や「背筋」を鍛えることで「体幹」を強くしようというトレーニングが盛んに行われています。

しかし実は、

野球選手にとって「腹筋」や「背筋」を鍛えても意味がない

て知っていました?

まさかの事実に感じる人がたくさんいるのではないでしょうか。

ただし、一点気を付けなければいけないことがあります。

それは「鍛える」という意味合いです。

人間にとって「腹筋」や「背筋」が大切であることは間違いありません。

そしてスポーツ選手としては、各筋肉を鍛えることでパフォーマンスが向上することも間違いのない事実です。

しかし、

その「鍛える」の内容が筋肉量を増やしたり筋肥大させることが目的で行っているなら間違い

です。

野球選手にとって見せるための筋肉は必要ありません。

野球選手にとっての「鍛える」の意味を考える必要があります。

次のページ:野球選手にとっての「鍛える」とは

技術向上の関連記事

Contents Menu

これからの野球選手は頭を使ってトレーニングする時代
山田哲人・清宮幸太郎選手のバッティングの共通点
野球界のトレーニングが根本的に間違ってしまう理由
筋肉で飛ばそうとするのはもう辞めましょう。 ~打球を遠くに飛ばすために必要なこと~
野球界の先輩絶対主義はもう終わり
ヘッドをたてることは物理的に無理??!

最新記事のチェックにフォローしよう