竹バット

バッティングはボールに当てに行くと当たらない

バッティングはボールに当てに行くと当たらない

ある程度、成熟してきた段階での野球現場ではあまり見かけませんが、少年野球の練習現場を見ていると、いつまでもバッティング練習で空振りをし続けている選手を見かけます。

さて、そんな選手がいると指導者や周りの人はどのようなアドバイスをかけるでしょうか。

恐らく次のような内容に集約されてくるでしょう。

・よくボールを見ろ
・大振りするな

では、このアドバイスを受けた選手はどうするでしょうか。

選手たちは素直なので、ボールをしっかり見ながらスイングをします。

弱々しいスイングでボールにバットを当てにいこうとします。

その結果はどうなるでしょうか。

当然ながら打てるようになるわけはありませんよね。

そして次には

しっかりしたスイングをしろ

と言われてしまいます。

こんなことを言われた日には選手は大混乱です。

最終的にその選手は野球のことが嫌いになってしまうでしょう。

冒頭で述べたようなアドバイスをしてしまう人にはある事実を覚えておいてもらいたいと思います。

それは、

ボールにバットを当てないように振っている選手なんていない

ということです。

わざと空振りしている選手なんていません。

気持ちでなんとかならないから打てないわけです。

そんな選手に気持ちで語っても何の解決にもなりません。

>次のページ:ボールは勝手にやってくるから打ちに行く必要はない

竹バットの関連記事

Contents Menu

バッティングの基本~正しいバットの重さの選び方
道具を大切にしたからといって上手くならない?! ~この言葉に隠された本質~
バッティングを良くしたければMONOBUNをネクストに置こう
バッティングマシンでも心配なく打てる木製バットがあります。 ~バッティング技術は木製バットでしかつかない~
金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~
MONOBUNがバッティングに与える影響

最新記事のチェックにフォローしよう