技術向上

野球選手として上達したければ人体の矛盾を受け入れること

人間の身体は矛盾がいっぱい

人間の身体には矛盾がたくさん存在しています。

例えば、

・力を入れようとすると入らず、力を抜いたら力が入る
・右に行くためには、左に一度行かなくてはならないし、左に行くためには一度右に行かなければならない

といった事象が存在しています。

一つ一つの「関節」や「筋肉」で捉えた時に矛盾は生じないのですが、「動作」という観点で見ると、矛盾を孕みながら動くことができる・・・というより矛盾があるからこそ動くことができています。

なぜ、こんな人間の身体の話をしたのかというと、野球選手は野球をプレーする人である前に人間だからです。

人間の身体の特徴を知らずに、どんなトレーニングをやったとしても、自分の身体を使ってギャンブルをしているようなものです。

やっているトレーニングが、効果の出るモノなのかどうか分からないことは良くても、検証する術をもっていなければ進歩することがありません。

今の野球界は、練習量でたまたま上手くいった選手が上達しているような状態です。

まずは人間の身体の矛盾を受け入れて、自分の身体のことを少しは勉強しましょう。

次のページ:野球選手の動作も矛盾がいっぱい

技術向上の関連記事

Contents Menu

女子野球選手に特有なバッティングに大切なこと
レベルスイングには致命的な欠陥があるって知ってた?
野球界に今ある常識よりも10年先の常識を考えて練習しよう。
野手は腰を落とせば落とすほどエラーする
フライ理論が今ではバッティングの常識
そのバッティングトレーニングの意味があるの?

最新記事のチェックにフォローしよう