技術向上

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

野球をするためには、「打者」と「投手」が必要です。

そしてそこに、守備をする「野手」がいて、ベンチで指揮をとる「監督」や「コーチ」がいます。

そんな両チームで試合を行い、目の前の試合に勝利することを目指し、最終的に何らかの形で優勝することを目指しています。

野球においてチームが勝利を掴み取るためには、各選手がそれぞれの役割を果たすことで、より勝率を高めることができます(『野球はチームスポーツではありません。』)。

と、ここまでは野球人であれば誰もが知っていることだと思います。

しかし、チームが勝利するための選手の「役割」とは何でしょうか。

なかでも「打者」が果たすべき役割とはなんでしょうか。

意外とこの質問に対して明確に答えられない人が多いのではないでしょうか。

野球における打者の役割について考えていきましょう。

>次のページ:打者の役割は2つだけ

技術向上の関連記事

Contents Menu

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない
バッターにもイップスがあるって知ってた?
素直にバットを出すとアッパースイングになるって知ってた?
変化球はボールを見るから対応できない
変化球の打ち方はたった2種類しかないって知ってた? ~基本的な変化球の打ち方講座~
ティーバッティングはトレーニングにならない

最新記事のチェックにフォローしよう