技術向上

手首の痛み(TFCC損傷)にはタイカップ

手首の痛み(TFCC損傷)にはタイカップ

野球選手の打者はどうしても手首を痛めやすい選手が多くなります(『TFCC損傷って知ってる? ~打者のリストを痛めやすい理由と対処法~』)。

そんな手首を痛めやすい選手、痛めてしまっている選手にはおススメのバットがあります。

それは

タイカップ型のバット

です。

まずはタイカップ型のバットを使い、痛くてバットが振れないという状態を解消しましょう。

その後に、バットが痛みなく振ることができるようになった時点で根本的な部分の改善へと取り掛かりましょう。

タイカップ型のバットが痛みの軽減にすながるのは、グリップエンドが小指球に引っかかってしまうことを防止することができるからです。

タイカップ型のバット以外の対策であれば、少し短めにバットを持つということも有効的でしょう。

その他に、タイカップ型のバットは手首の動きをスムーズにしてくれる効果もあります。

試合中は別として、練習中にはぜひタイカップ型のバットを使用することをおススメ致します。

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングで前を大きく振ろうとしても無意味
バッティングに必要な相手投手の癖の見抜き方
野球選手が外野の守備範囲を広げる方法
打者のデットボールにアイシングは必要なのか
置きティーバッティングに意味はありません。 ~置きティーバッティングが無意味な理由~
その筋トレって何のためにやってるの?【打者編】

最新記事のチェックにフォローしよう