技術向上

バッティングで身体全体を使うために必要なこと

バッティングで身体全体を使うために必要なこと

野球をやっていると、「体全体を使え」と指導されることよくあります。

それと同時に、「体がうまく使えている」、「体の使い方が下手」といったことをよく耳にします。

このように「体の使い方」についての指導は多々ありますが、実際の所、何のことを言っているのか理解している人がどれだけいるでしょうか。

実状はというと

結果が出ている選手が体が使えていて、結果が出ていない選手が体が使えていない

と判断しているに過ぎません。

結果を出している選手であっても、調子が悪くなってくると「体全体を使えていない」と言われる日がやってきます。

これでは、本当に体全体をフルに使って「バッティング」をしているかどうかの判断ではありません。

ただ結果が出ている選手に対しての賛辞の言葉として使っているに過ぎません。

体全体をフルに使ったプレーというのは、

「関節の角度」や、「バーベルをたくさん持ち上げられる」といった事で力を発揮している状態を指している

といったレベルの話ではありません。

身体全体をフルに使ったバッティングとは

それでは、「体全体をフルに使ったバッティング」とは何のことなのでしょうか。

それは、

地面からの力を効率的に、ロスすることなくインパクトの瞬間に伝達することができている状態

のことです。

この時に、今話題の「体幹」が大切な役割を果たします。

力の伝達を効率的に行うためには「ハブ」として「体幹」がしっかりしていることが大切です(『体幹がなぜ大切か知っていますか? ~体幹はあくまで「ハブ」であるだけ~』)。

ただ「体幹」がしっかりしているとは、「腹筋」や「背筋」が強いという事ではなく、体の「中心軸」が安定しているという意味だということにご注意ください(『「体幹トレーニング」の「体幹」ってなんのこと? ~本当の「体幹」を鍛える唯一の方法~』)。

足先から入った力が「体幹」で凝縮され、凝縮された力を効率的に(ロスすることなく)四肢に伝達する事ができると大きなエネルギーを生み出す事ができます。

ここに記した内容を守ったバッティングができていれば、線の細そうな選手であっても力強い打球や、ホームラン級の飛距離を出すことができます。

つまりは「身体全体をフルに使ったバッティング」を実現できていることになります。

体全体をフルに使ったバッティングを手に入れるトレーニング方法

「体全体をフルに使ったバッティング」を文字にすると難解だと感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、最終的には自分の中で、本日の記事で記した内容が腑に落ちていることは、長い野球人生を送る上で大切なことです。

では、理屈は分かったとしても具体的にどうすればいいのかという疑問も浮かんでくることと思います。

そんな方におススメのトレーニング方法があります。

それは、

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」は、その人の体に適したバッティングスイングで、体全体をフルに使ってスイングしなければ「爆風音」を鳴らすことはできません。

反対に言えば、「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができれば、体全体をフルに使ったスイングを手に入れられているということに他なりません。

そのバッティングスイングが一般的に正しくないと言われているスイングであっても問題ありません。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

「ボールをよく見たら打てない」は本当でした。
バッティングで打球の方向を自由自在に操る方法
筒香嘉智選手のバッティングの秘密
バッティングはバットを振るんじゃなく押し出せ!
筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい
野球選手がダウンにするキャッチボールに意味がない?! ~ダウンをするタイミングが鍵~

最新記事のチェックにフォローしよう