技術向上

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

三振をしないために必要なことは「待ち方」と「予備動作をなくす」こと

「待ち方」は可能な限りリラックスした状態をつくり、ある一部だけエネルギーをため込むようにかまえます(リラックストリガーロック)。

そしてさらに「予備動作」である「テイクバック」を無くすことで、自分の身体の近くまでボールを呼び込んでも、「最短距離」でバットが出せるようになり、「インパクト」に「100%」の力を伝えることができるため、振り遅れることも、詰まらされることもなくなります。

上記のことが実現できれば、結果的に「選球眼」が良い状態になっていきます(『選球眼を良くするって何のこと? ~選球眼の正体とは~』)。

「待ち方」と「予備動作をなくすこと」が「三振」を限りなく避ける方法として唯一考えられる方法です。

>次のページ:「待ち方」と「予備動作をなくした」トレーニング方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

ホームランを狙わないことは野球選手の未来を奪う。
野球の練習には下手になる練習があることを忘れてはいけない
基本に忠実であることが全てではない ~バックハンドで捕球した方がイイ理由~
バッティングでどんどんフライを打っていく野球界にしよう
バッターにもイップスがあるって知ってた?
全てに意味があるなんて嘘! ~無能な指導者の見つけ方~

最新記事のチェックにフォローしよう