技術向上

バッティングの基本がゴロであるはずがない

バッティングの基本はゴロではない

何十年も前から、打者に対して指導する時に「ゴロを打つこと」を基本としてきました。

基本とした根拠は、

・ゴロを転がせば出塁できる可能性が上がるから
・ゴロには野手のエラーと暴投と、加えてそのボールを取る野手のエラーという3回のエラーの可能性を得られるから

というものでした。

反対にフライは補給したら終わりなので、1度しかエラーのチャンスがなくなるため、打ってはいけないと言われてきました。

しかし、結論から言えば、

「ゴロを意識したスイング」というのは選手の可能性を大きく潰してしまう要因になっている

と早く気付いた方がいいでしょう。

「ゴロ」を意識した時のスイングをするとどんなことが起きているかご存知でしょうか?

「ゴロ」を追求してしまう負の可能性をご存知でしょうか?

しっかりと検証した上で、指導していく必要があるのに、検証もされていない確率論で指導してしまうのはいかがなものでしょうか。

過去の「伝統」を振り飾る指導者が根拠としているのは、

指導者自身が昔に教わったから正しい

というものです。

これって本当に根拠があるとおもいますか?

経験則である上、人間の体は人それぞれ異なるので、同じものが当てはまる可能性の方が極端に低いことに気づいていません。

野球界はこんな有様でも、スポーツ界は日々進化しています。

そして、そんな野球界の現状の中で最も苦労をしてしまうのは、現役の選手自身です。

あまりにも選手のこと、将来を考えて言っているようには思えません。

本人の自己満足のために、指導してしまっている現状があります。

少し話がそれてしまいましたが、「ゴロ」に関して「現役選手」のことを本気で考えるのであれば一番に考えなければならないことがあります。

それは、

ゴロを打つことのデメリット

ついてです。

それを踏まえた上で、どう教えることが最もメリットが大きいのかを比較検討しながら選手に伝えることが、指導者の役目であり、本来の「指導」と呼べるのではないでしょうか。

過去に聞いたことを伝えるだけだったら誰でもできます。

バッティングの基本は「ゴロを打つこと」が伝統になった理由

「単純に言われたことを伝える」というのは「伝達」であって「指導」ではありません。

そして「伝達」を「伝統」と勘違いしてはいけません。

選手の親からすると、「うまくなる」ことを願って子どもを預けています。

しかし行われている内容は伝言ゲーム。

だれでもできます。

やはり野球にも、サッカー同様に指導者にはライセンス制度をしっかり設けて、ある一定水準を超えている指導者のみが指導できるような環境整備が必要だと思います。

今のまま進んでいくと、指導力のない指導者が優秀な人材を中心につぶしていくことになります。

そこに金銭的な授受も絡んできてしまっている腐敗も存在しています。

指導者の仕事とは、

「うまくない人をうまくすること」、「活躍できなかった選手が活躍できるようになること」

です。

「優秀な人材を買っチームを強くする」、「お金さえあればチームは強くなる」といったことをするのであれば「指導者」なんて必要ありません。

こんなことをいつまでも続けていれば、野球なんて本当につまらないスポーツになります。

というか実際になっているからテレビ放映すら削られていっています。

しかし、本来の野球とは、ファンに夢を与えられるスポーツです。

野球人気が低迷しているのはその他のスポーツに人気が奪われたからだけでが理由ではありません。

お金の授受によって無知な指導者が有名になることは野球界発展の妨げです。

そういった事実を知っている該当選手に将来夢を与えられるようなプレーができると思いますか?

自分のことばかりではなく、未来を、将来を考える大人を増やしていきましょう!

「ゴロを打て」なんて教えるよりどんどんホームランを狙っていきましょう。

takebat_article105

バッティングで重要なこと

以前の記事を読んで頂けている方であれば、薄々創造がつくと思います。

バッティングで重要なこととは

どうやってホームランや、ヒットが打てるような、強さ、角度、方向でバットがボールにぶつかるように運んでいけるか

ということ以外、ほかにありません。これができるように過程を調整することが、練習です。

フォームというのは考え方としては結果でしかありません

フォームの重要性というのは

打てるようになって初めて理解ができるもの

です。

打てない人がいくらフォームを考えても、良いフォームというのはみつかりません。

当然ながら、打てる人のフォームを真似たところで、身体の構造が異なるので、打てるようになることはありません。

重心位置などが無意味な分かりやすい例としては、

松井選手は後ろ側の足に、イチロー選手は前側の足に

重心をおきます。

あなたは、どちらの方が良い選手だと思いますか?

きっと比べることはできないでしょう。

重心のことからも分かるように、フォームを考えたところで、結果はついてきません。

なぜなら、

あなたにとってベストなスイングというのはあなたにしか生み出せないから

です。

自分の特性を理解して、自分にあった重心位置やフォームを確立することです。

その結果が前重心なのか、後ろ重心なのかというハナシにすぎません。

どちらがいいのかを考える前に、まずは自分探しの方が大事です。

その自分探しのお手伝いをしてくれる人が監督でありコーチです。ヒントをくれます。しかし、あくまでヒントです。

監督やコーチが探してくれるものではありませんし、探し出すことなど到底できません。

どうやってホームランや、ヒットが打てるような、強さ、角度、方向でバットがボールにぶつかるように運んでいけるか

これだけを徹底的に考え、練習することで、必ずすばらしいパフォーマンスが発揮でき、結果もついてきます♪

あなたにあったフォームはあなたにしかわかりません。

バッティングで実現しなければいけないこと

では「バッティング」を上達させる上で、誰にでもあてはまる唯一の表現とは何でしょうか。

それは、

自分の身体全体の力をロスすることなくインパクトの瞬間に100%を伝えること

です。

これさえできれば、「スイング」や「フォーム」なんてなんでも良いのが野球です。

人間は何かの「動作」をする時、必ずたくさんの関節や筋肉、骨、神経を活用して動いています。

そんな時に各部のエネルギーが伝達されているわけですが、伝え方が悪いと伝達の過程で力をロスしてしまっています。

反対にその伝達がスムーズにいけば、一つの「筋肉」だけでは到底生み出せないようなエネルギーを発揮することができます。

「takebat.com」が「筋トレ」をおススメしない理由は、この伝達を妨げる行為になるためです(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ ~あなたは筋トレで何をやりたいのか~』)。

しかし、ここで一つ問題が発生します。

それは、

身体の効率的な使い方は人それぞれであること

です。

人間の身体というのは、外見上は似通っていても、各部を詳細に見ていけば全くの別人です。

さらに、昨日の自分と今日の自分というレベルでさえ別人と言っていいほど異なります。

そんな人間の「効率的な使い方」なんてバラバラすぎで指導のしようもありません。

自分の身体を効率的に使ってインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

では、そんな人それぞれの身体の使い方を知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、特に身体の使い方を考えずに、どうやれば「爆風音」を鳴らすことができるかに集中すればいいということになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする
こまめな水分補給は逆効果という事実 ~水分補給の正しい在り方~
打者がシーズンオフに必要なことは常識と真逆だったという事実
女子野球選手にこそ取り入れて欲しい練習法
ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?
バッティングの重心位置なんてどこでも良い

最新記事のチェックにフォローしよう