技術向上

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

「打者」なら「三振」はできるだけしたくないものです。

「三振」は「打者」にとってなんとなく屈辱的な負け方です。

「三振」してベンチに帰っていく時は、なんともいたたまれな気持ちになります。

「三振」はあまり良いイメージがありませんよね。

さらに「見逃し三振」となると、屈辱的な思いは増してしまいます。

そんなできることなら避けたい「三振」はどうすれば回避することができるのでしょうか。

本日は、そんな「三振」を避けるためのバッティングの秘訣について記していきたいと思います。

>次のページ:バッティングで「三振」をしてしまう理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングをする時に左脇を閉めろ・・・なんて大嘘。
バッティングのトレーニングをするならゴロなんて狙うな
坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点
重心は後ろがいいの? 前がいいの? ~スイング時の重心位置のハナシ~
テイクバック不要論を支える根幹のテクニック ~リラックストリガーロックの秘密~ /Kindle版 発売開始
ストライクしか振ってはいけないと思っていませんか?

最新記事のチェックにフォローしよう