技術向上

バッターのイップスのハナシ。

バッターにもイップスがあるって知ってた?

野球選手の間でも、「イップス/運動障害」という言葉が一般的に使われるようになって久しいです。

しかし、「イップス」が使われることは「投手」であることが大半です。

もちろん「イップス」は「投手」だけではなく「打者」にも存在する症状です。

例えば、

「ワンバウンド」や「高めのボール球」を振ってはいけないと思っているのに振ってしまう

という選手も「イップス」である可能性があります。

どんなに意識をしても、どうしても振ってしまうという選手は存在します。

そんな選手にいくら「振るな」と注意しても改善されることはなく、むしろ悪化してしまうことの方が多いでしょう。

これは完全に「イップス」です。

なかでも「精神的な状態からくるイップス」でしょう。

「イップス」は「精神的なもの」と言われますが、「技術的なイップス」も存在します。

>次のページ:「精神的なイップス」への対処方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングはフルスイングを辞めれるとヒットの確率が下がっていく
野球選手は予備動作をなくすことで良くなる ~何かを「やる」勇気より「やらない」勇気~
バッティングの重心位置は前でも後ろでも構わない。
野球選手として上達したければ人体の矛盾を受け入れること
インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない
MONOBUNの開発の裏には荒川博氏の支えがあった。

最新記事のチェックにフォローしよう