技術向上

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

バッティングで「三振」をしてしまう理由

「三振」を回避する方法を考えるには、まず「三振」する「原因」を知らなくてはいけません。

もちろん一口に「原因」といっても様々で、「三振すべくして三振する」人もいれば、「投手の実力が完全に上」の場合や、「打者の凡ミス」など色々あります。

投手の実力が完全に上だったので「三振」してしまった場合は、練習して出直すしか解決法はないので今は諦めましょう。

つまり解決すべきなのは、「三振するべくしてした三振」と、「凡ミスによる三振」を可能な限り避けることを意味しています。

例えば、「ストライクを見逃した後にボール球を振って空振りしてしまう」、「完全に自分のスイングを見失って中途半端なスイングによって三振してしまう」、「振るつもりがなかったのにバットが出てしまった」といった「三振」を避けるようにすることです。

では、これらの「三振」を避けるためにはどのようなことが必要になってくるのでしょうか。

それは、

「待ち方」と「予備動作をなくすこと」

で解決します。

>次のページ:三振をしないために必要なことは「待ち方」と「予備動作をなくす」こと

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球の練習をしていないからといって下手になるわけではない
スイングする時に回転は意識してはいけない?! ~打者の股関節のハナシ~
野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない
いつまで何十年も前からの練習をやり続けるの? ~野球界はトップダウンの練習ばかり~
バッティングは準備段階で8割勝負が決まっている?!
ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?

最新記事のチェックにフォローしよう