技術向上

スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか

スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか

野球選手で打者としてバッティングを向上させる時に「スイングスピード」を求める人が大半でしょう。

確かに「スイングスピード」が速いと、強い打球や飛距離の出る打球を打てそうな気がします。

しかし、これは真実なのでしょうか。

誰かが検証した上で言っていることなのでしょうか。

「takebat.com」では過去に「スイングスピード」に関する記事も記しているのでそちらもご確認ください(『バッティングに必要なことはスイングスピードではない』)。

「スイングスピード」を求めることが、良いことなのか悪いことなのかは一度置いておいて考えて欲しいことがあります。

弊社が開発している「MONOBUN」は「爆風音」を鳴らすようにトレーニングすることでバッティング技術を高めるアイテムです。

そして、その「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らす「バッティングフォーム」は、その人の身体に合ったエネルギーの伝達効率の良い「フォーム」を実現するものです。

その結果、使用した人の体感からすると「爆風音」を鳴らすことができる状態で「バッティング」をすると、飛距離が出て、強い打球を打てるようになったと言って頂いています。

ここで考えて頂きたいことが

「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすためには「スイングスピード」は関係ない

ということです。

「大人」が「爆風音」を鳴らすことができないのに、「子ども」が鳴らすことができるという状況がザラに起こっています。

確実に「スイングスピード」が速いと確認できるような人でも「爆風音」を鳴らすことができません。

つまり、

「MONOBUN」を使うとバッティング技術が向上するというのを前提とすると「スイングスピード」が「バッティング」を向上させるわけではない

ということです。

ここは実際に「MONOBUN」を使用して頂いて体感して頂くしかありませんが、「MONOBUN」は小学生レベルの「スイングスピード」があれば、「爆風音」を鳴らすことができます。

そして体感の結果として「バッティング」の成果が上がっています。

では「スイングスピード」が重要でないなら、何が重要なんだ・・・って話になりますよね。

それは

インパクトの瞬間に自分の持っている100%の力をぶつけること

です。

人間は何も考えずに「動作」をしていると無駄な動きが多いため、各部にエネルギーを伝える時に力をロスしてしまっています。

それは「バッティング」においても同じです。

その人の身体にあった効率的な「スイング」をしていないと、その人の本来の力を発揮することができていません。

これは「筋肉」だけではなく、「関節」や「骨」、「神経」レベルまでのハナシです。

「筋トレ」をおススメしない理由もここにあります(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ ~あなたは筋トレで何をやりたいのか~』)。

もちろん「スイングスピード」を求めてトレーニングした結果、「バッティング」がよくなった経験を持っている人もいると思います。

しかし、本当に他の要因でなかったと言い切ることができますか?

本当に検証するのであれば、それ以外の練習は一切やめて、「スイングスピード」を高めるトレーニングだけをやった時にしか分かりません。

ここに記した内容は「MONOBUN」を使用しないことには、どうしても信ぴょう性に欠けてしまうと思いますので、ぜひ一度「MONOBUN」を体感し、「スイングスピード」を求めることに大した意味がないことに気づいてください。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手として上達したければ人体の矛盾を受け入れること
置きティーバッティングに意味はありません。 ~置きティーバッティングが無意味な理由~
投手心理をマルハダカにして投手を打ち崩せ!~第3話:打者と対峙した投手心理~
スイングの時に筋肉を意識しますか? ~バッティングに筋トレが不要な理由~
野手は腰を落とせば落とすほどエラーする
野球選手は指導者の不安を解消するための道具ではない

最新記事のチェックにフォローしよう