竹バット

女子野球のバッティングは男子選手とは違うって知ってた?

女子野球のバッティングは男子選手とは違うって知ってた?

女子野球選手は男子屋裕選手よりも比較的しなやかな動きができます。

しかし反面では、「パワー」や「アグレッシブさ」を考えると、どうしても見劣りしてしまう部分があります。

その結果、打球の勢いや、飛距離も比較的弱かったり飛ばなかったりするのが特徴です。

ただし、それは悪いことばかりではなく、 打球が緩かったりする分、「三遊間」や「一二塁間」、「二遊間」などの打球に守備が追いつき、打球が処理できるため、そこから生まれるファインプレーは男子顔負けの時もあります。

しっかり女子野球には特有の楽しみ方があります。

さて、そんな女子野球がバッティングの練習を考える際に、男子野球の例が多くあるために、男子野球の内容をベースに考えることが多いようです。

しかし、ちゃんと女子野球には女性にあったバッティングというのが存在します。

女子の打者は重いバット振ることが多いため、「ヘッド」が下がってしまう打者が多くなります。

そのため最も意識したいところは「手首(リスト)」です。

ただし「リスト」を鍛えろということではありません。

投手が投げたボールに対して、「リスト」が負けないように振ることが大切です。

どうすれば負けなくなるのかと言うと、

手首(リスト)をたてること

で打ち負けなくなります。

「リスト」を立てることができれば、「筋力」などなくても「投球」に負けることはありません。

投球に負けなけないということは、打ち負けることはないので打球は自然と飛んでいきます。

これは人間の身体の構造を考えれば分かってくることです。

ここを「筋力」によってカバーしようとすると様々な弊害が生まれてきます。

それよりも適切な身体の使い方を学び、一人一人の身体に合った「バッティング」を手に入れることが大切です。

そこには勿論、「女性」と「男性」の違いも含みます(『女子野球選手にこそ取り入れて欲しい練習法』)。

女性は力任せにプレーしない選手が多いので、男性に比べれば身体の使い方が上手な選手が多いです。

その身体の使い方を大切にしながら、自然とプレーの中で必要な筋肉がついていくようにすれば、怪我や故障もすることなく、パフォーマンスを高めていくことができるでしょう。

人それぞれの身体に合ったバッティングを手に入れるためのトレーニング方法

では人それぞれの身体に合ったバッティングを手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができれば、あなたは自分の身体を効率的に使った「スイング」ができていることになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

竹バットの関連記事

Contents Menu

竹バットでバッティング練習すると技術が身に付くって本当?
あなたは考えたことありますか? ~バットの先端が太い理由が分かるとバッティング技術が向上します~
バッティングの基本~正しいバットの重さの選び方
テイクバックをとらないことの確認法とは? ~テイクバックをとらないのはこれからの常識~
関東大会ベスト4のあの高校は木製バットで練習していた!
既に感動の声が多数届いています ~「MONOBUN」を使用したお客様の声~

最新記事のチェックにフォローしよう