技術向上

タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

野球選手の打者であれば一度は、「タメをつくると良い」と言われたことがあると思います。

特に不調に陥った時には言われるのではないでしょうか。

しかし、あなたは「タメ」って何のことか知っていますか?(『「タメ」って何なの? ~バッティングのタメの正体~』)

以下のことを一度考えてみてください。

・「タメ」がありすぎると→バットが振れない
・「タメ」がなさすぎると→泳いでしまう
・「タメ」が適切だと→うまく当たる

この3項目をよく読んで不思議な点を感じませんか。

それは「適切」という言葉です。

この「適切」という言葉は非常に曖昧な言葉です。

「打者」が適切な「タメ」を作ろうとした時には必ず相手である「投手」がいます。

さらに「投手」の中にも様々なタイプの「投手」がいます。

スピードのある「投手」や、変化球主体の「投手」など千差万別で一括りにはできません。

そんな「投手」が投げる「ボール」に対して、「タメ」を変化させなければ「適切なタメ」を創ることはできません。

と、こんなことを考えると

「タメ」ってあってもなくてもいいんじゃないか

という結論になってきませんか?

基本的に「打者」は受け身です。

「投手」が投げなければ試合は始まりません。

そんな「投手」に合わせたバッティングを行えば、「タメ」という概念は消えてしまうのではないでしょうか。

バッティング練習のような「打者」主体で打てる練習ではうまく打てるでしょう。

スピードも変化もほぼ一定で対応することはほとんどありません。

しかし、試合になると違います。

投手主体で勝負する試合では、投手に合わせて「タメ」を作らなくてはいけませんから、自分の中での「タメ」を作る必要は無くなってしまいます。

とかなり複雑になってきましたが、考えるべきことはいたってシンプルです。

それは、

投手が投げたボールに合わせて、バットをしっかりスイングできれば、自然に「タメ」はできている

という結論になるわけです。

つまり「タメ」は創るものではなく、結果的に生まれるものです。

そのため、「タメ」ができていないから打てないというのは正しくても結果論を言っているにすぎません。

結果的に「タメ」が生まれるような「バッティング」をするために何が必要であるのかを考える必要があります。

それでは、どうすれば「タメ」が生まれるのでしょうか。

それは、

来た球をたタイミングよく強く引っ叩くこと

これが全てです。

結果的に「タメ」を生み出すために必要なトレーニング方法とは

それでは、どのようにすれば「タメ」を生み出す「バッティング」をすることができるのでしょうか。

それは、

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」は、その人の体に適したバッティングスイングで、体全体をフルに使って、それでもリラックスした状態の構えから振ったスイングをしなければ「爆風音」を鳴らすことはできません。

反対に言えば、「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができれば、体全体をフルに使ったスイングを手に入れられているということに他なりません。

そのバッティングスイングが一般的に正しくないと言われているスイングであっても問題ありません。

とにかく「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができるように意識すれば、あなたの「バッティング」は自然と向上していくでしょう。

そして「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができる「バッティング」が実現できていれば、あらゆる球に対応できるような状態が出来上がっているため、「スイング」をすれば「タメ」ができている状態になります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

ティーバッティングに技術的な向上は見込めない
よく当たる人いますよね! 自打球が当たる理由について考えたことありますか?
マシンと投手が投げる球速は同じでも体感が違うワケ
そのバッティングトレーニングの意味があるの?
スイングする時に回転は意識してはいけない?! ~打者の股関節のハナシ~
重心は後ろがいいの? 前がいいの? ~スイング時の重心位置のハナシ~

最新記事のチェックにフォローしよう