技術向上

「タメ」はバッティングに本当に必要なのか

「タメ」って何なの?~バッティングのタメの正体~

野球界において、打者が最も大切にしなければならないことの一つに「タメ」というものが語られています。

しかし、

その「タメ」ってなんのこと

なんでしょうか。

「タメをつくれ」、「よくタメて打て」と頻繁に言われているわりには、「タメ」の正体について明確に話せる人はほとんどいません。

そんな状況で、始動されている選手自身は何をしていいことやらチンプンカンプンではないでしょうか。

「タメ」があると良いのは、好打者やホームランバッターの皆が口をそろえて言うことから明らかです。

実際に、そんな打者でも、調子を崩し、不調となった時には「タメ」がなくなります。

では、この「タメ」の正体が分かれば、自分の調子もコントロールできる上、打者としてのパフォーマンスも高められるようになります。

そこで本日は「タメ」の正体にせまります。

>次のページ:「タメ」は「テイクバック」をとることではない

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングを良くしたいなら体幹の意味を正しく知ろう
バッティングは当てにいくと当たらなくなるのが野球
そもそも人間の身体は科学しきれていませんよ? ~科学的根拠を求めた練習をする危険性~
筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい
野球選手はトレーニングをする前に腹筋・背筋がなぜ大切なのか考えよう
バッティングは振るよりも押し出す感覚が大事!

最新記事のチェックにフォローしよう