技術向上

「タメ」はバッティングに本当に必要なのか

「タメ」って何なの?~バッティングのタメの正体~

野球界において、打者が最も大切にしなければならないことの一つに「タメ」というものが語られています。

しかし、

その「タメ」ってなんのこと

なんでしょうか。

「タメをつくれ」、「よくタメて打て」と頻繁に言われているわりには、「タメ」の正体について明確に話せる人はほとんどいません。

そんな状況で、始動されている選手自身は何をしていいことやらチンプンカンプンではないでしょうか。

「タメ」があると良いのは、好打者やホームランバッターの皆が口をそろえて言うことから明らかです。

実際に、そんな打者でも、調子を崩し、不調となった時には「タメ」がなくなります。

では、この「タメ」の正体が分かれば、自分の調子もコントロールできる上、打者としてのパフォーマンスも高められるようになります。

そこで本日は「タメ」の正体にせまります。

>次のページ:「タメ」は「テイクバック」をとることではない

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球を指導する上で根本的に大切なこと
バッティングで遠くにボールを飛ばすために必要なこと
女子野球選手と男子野球選手は根本的に違う
野球界に伝統的に残る無意味なアドバイス達
野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない
フライ理論が今ではバッティングの常識

最新記事のチェックにフォローしよう