技術向上

「タメ」はバッティングに本当に必要なのか

「タメ」って何なの?~バッティングのタメの正体~

野球界において、打者が最も大切にしなければならないことの一つに「タメ」というものが語られています。

しかし、

その「タメ」ってなんのこと

なんでしょうか。

「タメをつくれ」、「よくタメて打て」と頻繁に言われているわりには、「タメ」の正体について明確に話せる人はほとんどいません。

そんな状況で、始動されている選手自身は何をしていいことやらチンプンカンプンではないでしょうか。

「タメ」があると良いのは、好打者やホームランバッターの皆が口をそろえて言うことから明らかです。

実際に、そんな打者でも、調子を崩し、不調となった時には「タメ」がなくなります。

では、この「タメ」の正体が分かれば、自分の調子もコントロールできる上、打者としてのパフォーマンスも高められるようになります。

そこで本日は「タメ」の正体にせまります。

>次のページ:「タメ」は「テイクバック」をとることではない

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球の基本は「走り込み」なんて大嘘です。
野球の守備が上手くなりたければ、バッティングカウントを知れ
本気でバッティングを良くしたいならフォームを作ってはいけません
バッティング技術と試合に出られるかどうかは関係ない
野球選手は予備動作をなくすことで良くなる ~何かを「やる」勇気より「やらない」勇気~
バッティングでバットを短く持っても実は変わらない。

最新記事のチェックにフォローしよう