技術向上

バットを最短距離で出しても打てない?!

バットを最短距離で出しても打てない?!

「バット」は「最短距離で出せ」とよく言われます。しかし、「最短距離」で出すことができればそれでいいのでしょうか。

もちろん、そんなこともなく「バット」を「最短距離」で出すこと以外にも大切なことがあります。

それは、

ボールの待つタイミング

も変わらなければ打てるようにはなりません。

他の何も変えずに、「バット」を「最短距離」で出すと、「構え」から「インパク」トまでの距離が短くなります。

今まで通りにスイングしていればバットの先端に当たってしまうことは目に見ています。

そのため、ボールを今まで以上に引きつけて打つことが必要になってきます。

「最短距離」でバットを出せるようになると、ミートポイントを自分に近づける必要がでてきますが、ここで考えることはポイントを近づけることにフォーカスしすぎないことです。

どこで打ってるかを、一球一球認識して打っている選手は誰一人としていません。

「大体この辺り」という認識で打っているはずです。

ボールを引きつけて打つために必要なこととは

では、どのようにしてミートポイントを自分に近づければいいのでしょうか。

それは

バットを落とす位置を変える

ことです。

構えたところから、「右打者」であれば「右の腰」、「左打者」であれば「左の腰」あたりにバットを落とすように振るというイメージを持つことです。

ここでもあくまでイメージで、「最短距離で振る」ことも「引きつけて打つ」ことも結果論です。

打者がよく打てるようになった時、「バット」が「最短距離」になっていて、「ボール」を「引きつけて打つことができる」ようになっているということです。

最短距離でバットを出し、ボールを引きつけて打つためのトレーニング

では、「最短距離」で「バット」を出し、「ボール」を「引きつけて打つ」ための練習はできないのでしょうか。

そんなことはありません。

それは、

「MONOBUN®/モノブン」を使ったトレーニング

です。

「MONOBUN®」は「ただ振るだけ」、「ただ爆風音を鳴らすように練習するだけ」で打者にとって必要な動作を手に入れることができます。

集中することは、「どうやったら爆風音を鳴らすことができるのか」ということを自分で試行錯誤することです。

「MONOBUN®」を振り、「爆風音」を鳴らすことができれば、「バット」が「最短距離」で出せた状態で、なおかつ「引きつけて打つ」ための「待ち方」ができていることになります。

バッティングの動作を、一つずつ意識して練習をするのは非常に困難なことです。

できる限り、意識することを減らして、良くなるような方法が一番の近道です。

「MONOBUN®」なら意識することはただ一つ。

あなたにしかできない、今のあなたにあったスイングで「爆風音」を鳴らせばすべてが解決していきます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、そのスイングは本日の記事で記した「待ち方」を実現しています。

そしてそのスイングは、その人の、その瞬間の身体にあった形でスイングを実現してくれます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

そしてとうとう「MONOBUN®」の発売日が決定致しました!

2016年6月1日に4.480円(税別)で発売致します!

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

「MONOBUN®」の詳細については、順次お知らせしていくのでご期待ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

「アッパースイング」も「ダウンスイング」も結局同じことって知ってました?
女子野球選手と男子野球選手は根本的に違う
野球界の練習は僧侶育成プログラム?! ~今の野球界には進化が求められている~
野球選手に筋トレは必要ない?!
バッティングの常識を疑え~ワンバウンドを振らないために
レベルスイングって何なの? ~レベルスイングの正体~

最新記事のチェックにフォローしよう