技術向上

バッティングで変化球に泳がされないために必要なこと

バッティングで変化球に泳がされないために必要なこと

打者が投手に負けた瞬間とはどのような瞬間でしょうか。

一般的には、

・三振した時
・打ち取られた時
・ボールに手が出なかった時

と捉えられているのではないでしょうか。

しかし答えは、「NO」です。

本当の意味で「打者」が「投手」に負けた瞬間とは

自分のスイングをさせてもらえなかった時

です。

つまり、タイミングを外されて、泳がされてしまった時です。

これが打者の負けです。一番悔しい負け方です。

投手にとっては「勝った」気分を得ることができます。

変化球に泳がされて打たされてしまったり、タイミングを外されての空振りという結果は、打者にとって一番の屈辱です。

逆に言えば、仮にアウトになっても、三振しても、「自分のスイングをする打者」というのは投手にとって恐怖です。

次の打席へ向けて良いイメージをもつことができません。

変化球に泳がされずに自分のスイングをするために必要なこと

では、少なくとも打ち損じたとしても、「自分の思い通りのスイング」をするためにはどうしたらいいのでしょうか。

タイミングを外されてしまう原因は、「ストレートが早いから」、「変化球の軌道がストレートと同じでキレがいいから」発生するわけではありません。

タイミングを外されてしまう原因は、

打者自身がしっかりとバットを振れるエリアまでボールを待てなかったこと

にあります。

ストレートだろうが変化球だろうが、ボールを自分のしっかりバットが振れるエリアまで呼び込むことができれば、タイミングが外されたり、泳がされたりすることはありません。

自分のスイングができるエリアでスイングするために必要なことは、テイクバックに始まる予備動作をなくすことです(『野球選手は予備動作をなくすことで良くなる ~何かを「やる」勇気より「やらない」勇気~』)。

そして、力が入り始めてから、インパクトの瞬間までの時間を可能な限り短くすることです。

バッティングで泳がされないスイングを手に入れるトレーニング方法

このタイミングを外されたり、泳がされたりせずに、常に「自分のスイングをする」ための練習に最適なトレーニングアイテムがあります。

それは

「MONOBUN®」

です。

「MONOBUN®」はリラックスした状態で、もっともその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、自然とタイミングが外されにくく、泳がされにくいスイングを手に入れることができます。

そしてそのスイングは、その人の、その瞬間の身体にあったスイングを実現することができます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手全てに当てはまる構え方なんてない
野球選手がダウンにするキャッチボールに意味がない?! ~ダウンをするタイミングが鍵~
打者が試合になると自分のスイングができなくなる理由
バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実
あなたは本当に野球が好きで練習していますか?
大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になる

最新記事のチェックにフォローしよう