技術向上

野球選手は予備動作をなくすことで良くなる ~何かを「やる」勇気より「やらない」勇気~

野球選手は予備動作をなくすことで良くなる

予備動作をしない方が、瞬間的なエネルギーを大きくすることができます。

これは細かい説明がなくとも、感覚的に理解できることではないでしょうか。

野球の動作は、あらゆる動きが存在するものの、瞬間的なエネルギーを活用した動作が大半です。

バッティングで言えば、いくら筋肉的な力が強くても、インパクトの瞬間のエネルギーが大きくなければ意味がありません。

そして細かな動作は、そのインパクトの瞬間に目がけたエネルギーの伝達を効率的に行うことです。

その伝達に余計な動作が含まれてしまうと、エネルギーを浪費してしまっていることは想像できるでしょう。

この予備動作をなくすことは、バッティングで言えば「テイクバックをなくす」ことです。

体への力が可能な限り抜けている状態から、インパクトの瞬間に力を加えるところまでの時間を短くすることです。

野球選手のバッティングに必要なのは「削る作業」

バッティングに必要な要素、不要な要素というのはたくさん存在しています。

また、様々なバッティング理論も存在しており、むしろ情報量が多すぎるぐらいです。

現状のバッティングに対して不満を感じているとしたら

あなたは、今のバッティングフォームに対して何かを添加するか、削除するかどちらを選びますか?

 

実は大半の選手が、不要な要素を抱え込んでしまっている現状があります。

つまり、バッティングフォームを良くしたいのであれば、「何かを削除する」ことを考えた方が良いということです。

基本的に指導者というのは、

「こうしてみろ」、「ああしてみろ」、「あの真似をしてみろ」などとプラスアルファを言うことが多い

のではないでしょうか。

「あれをやめてみろ」、「これをやめてみろ」というような指導はあまりしません。

しかし、そこに悪意があるわけではなく、「もっとよくしてあげたい」という思いが必ずあることからプラスアルファの指導をしています。

ただ、実はこの「悪意がない」ということが弊害にもなっています。

選手目線からすれば、様々なことを言われすぎて頭がパニック状態になっています。

そのため、最近の選手に対しては、選手の特徴を見極めて、削除してあげることが一番の上達方法ではないでしょうか。

バッティングの予備動作を無くすためのトレーニング法

つまり、指導しすぎても選手にとってはマイナスになり、選手自身も何かアドバイスがなければ、心もとない状態になってしまいます。

そこで、この「予備動作をなく」ことを感覚的につかみ、また指導者の悩みを解決してしまう、バッティングトレーニングアイテムを開発しています。

その名も

「MONOBUN®/モノブン」

です。

バッティング時の力を効率的に伝え、インパクトの瞬間に100%の力を与えられるスイングを確認するためのトレーニングアイテムです。

仕様は簡単で、「MONOBUN®」を振って、ある爆風音を鳴らすことができれば良いだけです。

たったそれだけで、100人の選手がいれば100通りの選手にあったバッティングフォームを見つけ出すことができます。

しかし、恐らく野球経験者であればあるほど、初めは鳴らすことができないでしょう。

ただ一度でも「爆風音」を体感すると、今までのスイングが非効率であったことに気づくはずです。

一連のスイング動作を全て意識してスイングできる人などいません。

また意識などしていたらボールは打つことはできません。

意識できないのですから、意識して振らせることほど意味のないものはありません。

意識しなくても選手本人が、適切なスイングを理解でき、良いフォームだと見極められるような指導が必要です。

「スタンス」、「構え方」、「手の位置」なんていったことを考える必要は一切ありません。

自分の一番良いと思ったフォームでスイングし、自分で工夫しながら、「爆風音を鳴らすこと」に意識するだけです。

指導者はその意味を伝え、環境を整えてあげることです。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

「MONOBUN®」の発売開始情報は当メディアで発表するので、チェックしておいてくださいね♪

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

▽『テイクバック不要論【実践編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-j_660-343

▽『リラックストリガーロックの秘密』の詳細はコチラ▽

relaxtriggerlock_660-343

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

テイクバック不要論を支える根幹のテクニック ~リラックストリガーロックの秘密~ /Kindle版 発売開始
バッティングトレーニングの基本はホームランを狙うこと
バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因
バッティングは振るよりも押し出す感覚が大切
重心は後ろがいいの? 前がいいの? ~スイング時の重心位置のハナシ~
ボールをよく見ているから打てません ~周辺視野は皆が使っている~

最新記事のチェックにフォローしよう