野球を辞めた後に困りたくなかったらトライアウトは受けるな?!

野球を辞めた後に困りたくなかったらトライアウトは受けるな?!

野球を続けていると、必ず野球人生の終わりが来ます。

そんな時に、野球を職業として行っている選手であれば、辞め方がその後の人生に大きく関わってきます。

それは、

野球を辞めた後に人生に困りたくなかったらトライアウトは受けない方が良い

ということです。

野球選手の多くは、野球漬けになっているケースが多いため、野球以外の人生を考えようとしません。

しかし、野球はいくらできても40歳までです。

その大半は10代の内に野球人生を終え、プロでさえ30歳までできれば良い方です。

つまり、野球人である前に一人の人間として生きていくことを考えなければなりません。

そのため、野球人生を辞める瞬間がとても重要になってきます。

>次のページ:野球を続けたい気持ちの正体が重要

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングの結果が出ない時に最もやってはいけいないのは練習をすること

2017年2月17日

打者のデットボールにアイシングは必要なのか

2017年4月11日

手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

2017年4月3日

筋トレをしたところでパフォーマンスが高まるわけではない ~野球選手に「筋トレ本」は不必要~

2016年3月3日

タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

2016年7月20日

練習では打てても試合では打てない理由

2016年8月11日