技術向上

野球を辞めた後に困りたくなかったらトライアウトは受けるな?!

野球を辞めた後に困りたくなかったらトライアウトは受けるな?!

野球を続けていると、必ず野球人生の終わりが来ます。

そんな時に、野球を職業として行っている選手であれば、辞め方がその後の人生に大きく関わってきます。

それは、

野球を辞めた後に人生に困りたくなかったらトライアウトは受けない方が良い

ということです。

野球選手の多くは、野球漬けになっているケースが多いため、野球以外の人生を考えようとしません。

しかし、野球はいくらできても40歳までです。

その大半は10代の内に野球人生を終え、プロでさえ30歳までできれば良い方です。

つまり、野球人である前に一人の人間として生きていくことを考えなければなりません。

そのため、野球人生を辞める瞬間がとても重要になってきます。

>次のページ:野球を続けたい気持ちの正体が重要

技術向上の関連記事

Contents Menu

よく当たる人いますよね! 自打球が当たる理由について考えたことありますか?
野球選手としての「強さ」の定義 ~トレーニングでどう強くなりたいのか~
空振りばかりしてしまう理由を知っていますか?
選球眼を良くしたいならボールを良く見てはいけません。
バッティングでバットを短く持っても実は変わらない。
バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因

最新記事のチェックにフォローしよう