身体全体を使ったバッティングをするために必要なこと

身体全体を使ったバッティングをするために必要なこと

野球の現場でバッティングがうまくいかない選手に向かって「身体全体を使え」と指導している光景をよく見かけます。

それと同時に「身体がうまく使えている」、「身体の使い方が下手」といった言葉もよく耳にします。

このように「身体の使い方」について指導することが野球界にはよくあります。

しかし、そんな光景を見かける度に、私は常に一つの疑問を感じます。

それは

「身体の使い方」って何のことを言っているのか理解している人がどれだけいるのか

ということです。

大半の人は、

結果が出ている選手が身体が使えていて、結果が出ていない選手が身体が使えていない

と判断しているに過ぎません。

そのため、いくら結果を出している選手であっても、調子が悪くなってくると「身体全体を使えていない」と言われる日がやってきます。

これでは、本当に身体全体をフルに使って「バッティング」をしているかどうか判断しているとは言い難いでしょう。

ただ、結果が出ている選手に対しての賛辞の言葉として使っているようにしか思えません。

身体全体をフルに使ったプレーというのは、「関節の角度」や、「バーベルをたくさん持ち上げられる」といった事で力を発揮している状態を指しているといったレベルの話ではありません。

確かに、結果を出している選手や調子の良い選手は、身体全体を使ったパワフルなプレーをしています。

本当に身体全体を使ったバッティングをさせたいのであれば、

どうすれば身体全体を使うことができるようになるのか

を指導しなければ何の解決にもなりません。

>次のページ:身体全体をフルに使ったバッティングとは

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングにおいて「前を大きくスイングしろ」というアドバイスは無意味

2016年11月14日

バッティングでバットが最短距離で出るのは結果論

2016年11月1日

野球選手の大半は「体幹」が何なのか知らない

2016年9月23日

バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ

2017年3月28日

野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの

2017年10月16日

バッティングが不調な時に過去の好調なイメージを持ち出すと自滅のハジマリ

2017年5月1日