技術向上

バッティングでバットを短く持っても実は変わらない。

バッティングでバットを短く持っても変化は実はない。

野球界では、練習現場でも試合現場でもバッティングをする際に「バット」を短く持つようにしている選手を見かけます。

しかし、そんな選手やそんな指導をする選手には一度考えて頂きたいことがあります。

そもそも、なぜ「バット」を短く持っているのでしょうか。

そしてその目的は「バット」を短く持つことで本当に達成されているのでしょうか。

私が知る限りでは、「バットを短く持つこと」に対する明確な根拠を持っている人はいない気がします。

大半の選手は、指導者から「バットを短く持って振れ」と言われているから振っているに過ぎないのではないでしょうか。

または、振り遅れてしまったことがあった時に指導者に言われた経験があったため今でもその常識の中で続けているだけではないでしょうか。

そこで考え直して頂きたいことは、

「バットを短く持つこと」でえられる効果

です。

まず、効果を知るためには、どのような目的で指導者が「バットを短く持て」というのか考える必要があります。

>次のページ:バッティング中にバットを短く持つ選手の特徴

技術向上の関連記事

Contents Menu

『野球の常識はスポーツの非常識』が無料で読めるチャンス! ※2日間限定
バッティングに必要なことはスイングスピードではない
野球選手のウォーミングアップは7割が無駄
バッティングは準備段階で8割勝負が決まっている?!
バッティングにスイングスピードはいらない
相手の監督を惑わせて試合を制する ~非常識な勝利を掴み取る方法~

最新記事のチェックにフォローしよう