バッティング上達に足りないのは練習ではない

バッティング上達に足りないのは練習ではなく勉強

野球選手は日夜野球のことばかり考え、日中は練習をし続けていると思います。

打者であればバッティングを良くするために、日が沈んでからも素振りを繰り返しているのではないでしょうか。

しかし、

野球選手は練習のしすぎで下手になっている

と言い切れます。

細かい話は別の記事に記しているのでそちらをご覧ください(『上達する一番の方法は”サボる”こと~野球の常識はスポーツの非常識~』)。

基本的に野球選手は体がオーバーユーズの状態です。

つまりは体が疲労しすぎている状態に慣れて本来の力を発揮できない状態でプレーをしています。

また、練習をしすぎていることで野球選手として、人間として大切なことが疎かになっています。

その大切なことが疎かになっているからこそ、自分の身体の状態や練習をしすぎていることに気づかないという負のループを生み出しています。

では、その大切なこととは何なのでしょうか。

それは、

勉強

です。

>次のページ:野球選手の大半は野球で生きていけない

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

フライ理論が今ではバッティングの常識

2017年12月15日

テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~

2016年2月14日

指導者の考えていることが分からないあなたに ~選手ができること~

2016年4月23日

野球が上手くなるための練習は同時に下手になるリスクが伴う

2017年10月7日

バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~

2016年1月21日

野球選手にクッション性の高いシューズは危険

2017年8月19日