バッティングで狙うなら高めが有利?低めが有利?

バッティングは「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすいのか

打者がバッティングをする時に、「低め」と「高め」のボールであればどちらの方がヒットにできる確率が高いか考えたことはあるでしょうか。

当然ながら打者の特徴によって変わります。

しかし一般的には、

「高め」のボールの方がヒットの確率が高くなる

ということをご存じでしょうか。

その理由は一般的に、「目に近いから」、「よく見えるから」という風に言われていることが大半です。

しかし、これらの理由は大した根拠になりません。

というより根拠ではありません。

なぜなら

打者はインパクトの瞬間にボールなどほとんど見ていない

のに上記の理由は成り立ちません。

実際には投手の手からボールが離れて10mほどのところくらいまでした見ていません。

それではなぜ、ベルト付近からやや上の「ボール」を打つとヒットの確率が高くなるのでしょうか。

>次のページ:「打者」が「高め」のボールを打った方が打率が良い理由

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと

2017年4月12日

バッティングはテイクバックを取らないのが常識になります

2017年4月7日

バッティング上達に足りないのは練習ではなく・・・

2017年4月22日

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

2016年11月15日

野球選手はトレーニングをする前に腹筋・背筋がなぜ大切なのか考えよう

2017年5月10日

女子野球選手に特有なバッティングに大切なこと

2016年7月25日