技術向上

バッティングで狙うなら高めが有利?低めが有利?

バッティングは「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすいのか

打者がバッティングをする時に、「低め」と「高め」のボールであればどちらの方がヒットにできる確率が高いか考えたことはあるでしょうか。

当然ながら打者の特徴によって変わります。

しかし一般的には、

「高め」のボールの方がヒットの確率が高くなる

ということをご存じでしょうか。

その理由は一般的に、「目に近いから」、「よく見えるから」という風に言われていることが大半です。

しかし、これらの理由は大した根拠になりません。

というより根拠ではありません。

なぜなら

打者はインパクトの瞬間にボールなどほとんど見ていない

のに上記の理由は成り立ちません。

実際には投手の手からボールが離れて10mほどのところくらいまでした見ていません。

それではなぜ、ベルト付近からやや上の「ボール」を打つとヒットの確率が高くなるのでしょうか。

>次のページ:「打者」が「高め」のボールを打った方が打率が良い理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球の練習をしていないからといって下手になるわけではない
イレギュラーバウンドする打球を打つバッティング方法
バッティングトレーニングをする前にバッターの役割を知ろう
秋の大会で勝つためにチームに導入すると良いこと
テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~
体幹って本当に意味が分かって使ってますか?

最新記事のチェックにフォローしよう