技術向上

バッティングで狙うなら高めが有利?低めが有利?

バッティングは「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすいのか

打者がバッティングをする時に、「低め」と「高め」のボールであればどちらの方がヒットにできる確率が高いか考えたことはあるでしょうか。

当然ながら打者の特徴によって変わります。

しかし一般的には、

「高め」のボールの方がヒットの確率が高くなる

ということをご存じでしょうか。

その理由は一般的に、「目に近いから」、「よく見えるから」という風に言われていることが大半です。

しかし、これらの理由は大した根拠になりません。

というより根拠ではありません。

なぜなら

打者はインパクトの瞬間にボールなどほとんど見ていない

のに上記の理由は成り立ちません。

実際には投手の手からボールが離れて10mほどのところくらいまでした見ていません。

それではなぜ、ベルト付近からやや上の「ボール」を打つとヒットの確率が高くなるのでしょうか。

>次のページ:「打者」が「高め」のボールを打った方が打率が良い理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手が「安定」した身体作りをするために必要なキーワード
野球選手にとって必要な飲み物のハナシ/Kindle版【発売開始】
野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか
これからの野球選手は頭を使ってトレーニングする時代
バッティングにおいて「前を大きくスイングしろ」というアドバイスは無意味
三振を減らすために必要なことは2つだけ

最新記事のチェックにフォローしよう