バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術

バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術

打者がバッティングをする時に打球をより遠くまで飛ばすために必要なことは「力」ではなく「技術」です。

と、こんなことを言うと各方面から

そもそもベースの筋肉もないのにいくら技術をつけても意味がない

という批判を受けます。

何もtakebat.comは「筋肉がいらない」と言っているわけではありません。

問題は筋肉の付け方にあります。

バッティングに必要な筋肉は

技術をつける過程で自然についていく筋肉が最もベスト(十分)だということ

です。

純粋に技術を追及することが現代の野球選手には求められており、最も合理的な方法だということです。

以降は磨くべきバッティングの「技術」について記していきますが、「筋肉の付け方」の概念は念頭において読み進めてください(『野球選手に必要なことは筋トレではなく動作効率を高めること』)。

>次のページ:バッティング技術とは

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

打者が目指すべきこと

2016年10月8日

野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの

2017年10月16日

イレギュラーバウンドする打球を打つバッティング方法

2017年7月17日

腕をしっかり振れば振るほど打球が飛ばなくなっていくという悲しい現実

2016年2月15日

打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~

2016年1月12日

バッティングで力を込めたければ力を抜くこと

2017年8月12日