バッティングは回転を意識してはいけない

バッティングは直線の動きを意識せよ

バッティングは「スイング」と呼ばれるため「回転」を意識するように指導されることが大半です。

しかし、

人間の身体の構造を考えれば回転を意識するとバッティングは良くならない

ということが分かっています。

現実として、

バッティングは「直線運動の複合」

で実現できています。

第三者から見れば、回転しているように見えても、実際の身体のパーツパーツは直線運動を行っています。

さらに言えば、

人間の動きの大半は直線運動の複合によって実現している

ということを忘れてはいけません。

つまり、

人間の動作は直線的な運動をすることが効率的である身体の構造をしている

ということです。

この事実は人間の関節の構造を見れば簡単に分かります。

人間の大半の関節は「曲げ伸ばし」や「一方向のみの動き」が最も力が出る構造をしています。

この関節構造の特徴を考えてバッティングに置き換えれば、

バッティングは直線的な動きの複合で螺旋的な動きを実現すると無駄なエネルギーを使わずに、インパクトの瞬間に100%の力を発揮することができる

ということです。

つまりは「バッティングを上達させたいならば直線を意識せよ」ということです。

>次のページ:人間は非効率な動きでもバッティングができる

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バットを最短距離で出すと良い理由を知っていますか?

2016年8月8日

野球選手にクッション性の高いシューズは危険

2017年8月19日

野球選手に必要な「スイング」方法まとめ ~あなたはどんな「スイング」をしてるの?~

2016年6月22日

バックネットに飛ぶファールに意味なんてない

2016年9月3日

基本に忠実であることが全てではない ~バックハンドで捕球した方がイイ理由~

2016年1月10日

山田哲人・清宮幸太郎選手のバッティングの共通点

2016年7月23日