イチローのバッティングフォームを真似すると何故だめなのか

イチローのバッティングフォームを真似すると何故だめなのか

野球人であれば一度は、有名なプロ野球選手のバッティングフォームを真似してバットを振った経験があるはずです。

ここ最近で言えば、イチロー選手の真似をする人が多いでしょう。

その延長線上なのか、自分のバッティングフォームを作る時に有名選手の真似をする人がたくさんいます。

そして昔から「上達する最大の近道は一流選手の真似からだ」と言われます。

しかし、この考え方には一つの危険性が孕んでいます。

その危険性とは、

有名選手の真似をしたからといって同じ結果が得られるわけではないから

です。

はっきり言って無意味に近いでしょう。

さて何故これが無意味なのでしょうか。

>次のページ:バッティングフォームを真似することなんてそもそもできない

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】

2015年10月25日

バッティングで遠くにボールを飛ばすために必要なこと

2017年6月8日

バッティングが不調な時に過去の好調なイメージを持ち出すと自滅のハジマリ

2017年5月1日

野球選手にとって必要な「体幹」について知りましょう。

2016年12月6日

バッターがテイクバックをとらないのはこれからの常識

2016年5月8日

野球は物理の法則で成り立っている。

2017年2月1日