技術向上

イチローのバッティングフォームを真似すると何故だめなのか

イチローのバッティングフォームを真似すると何故だめなのか

野球人であれば一度は、有名なプロ野球選手のバッティングフォームを真似してバットを振った経験があるはずです。

ここ最近で言えば、イチロー選手の真似をする人が多いでしょう。

その延長線上なのか、自分のバッティングフォームを作る時に有名選手の真似をする人がたくさんいます。

そして昔から「上達する最大の近道は一流選手の真似からだ」と言われます。

しかし、この考え方には一つの危険性が孕んでいます。

その危険性とは、

有名選手の真似をしたからといって同じ結果が得られるわけではないから

です。

はっきり言って無意味に近いでしょう。

さて何故これが無意味なのでしょうか。

>次のページ:バッティングフォームを真似することなんてそもそもできない

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手は筋トレで体を弱くしている
打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない
バッティングで体幹から力を伝えるために必要なこと
野球選手がいくら短距離ダッシュをしてもキレは生まれない
大半の野球選手は本気で上手くなりたいと思っていない
バッティングのヒントが欲しければ「コマ」を見ろ!

最新記事のチェックにフォローしよう