マシンと投手が投げる球速は同じでも体感が違うワケ

マシンと投手が投げる球速は同じでも体感が違う

大半の打者は、バッティング練習を最も好んで行っていると思います。

中でも、バッティングマシンでのバッティング練習が大好きな人が多いのではないでしょうか。

バッティングマシンを使っての練習は効率的な練習だと言われています。

しかし、内情を知れば全く効率的ではなく、むしろ大して役に立っていないことを理解することができます。

効率的だと言われる理由は、半永久的に一定の速度やコントロールのボールを打ち続けることができるからでしょうか。

確かに、人間が投球した場合は疲労があるため半永久的に投げることもできず、同じコースに同じボールを投げることなどほぼ不可能です。

ただし、ストライクが入らないバッティングピッチャーであれば、バッティング練習にならない・・・といったチーム事情があれば仕方ないかもしれませんが。

ただし、バッティングマシンで練習することは、あまり役にたっていないことは理解しておかなければなりません。

なぜなら

人間が投げたボールと、バッティングマシンから放たれたボールは全くの別物だから

です。

ここまでは、皆さん感覚的に分かっている範囲だと思います。

しかし、

なぜ人間が投げたボールとバッティングマシンから放たれたボールが違うのか

説明できるでしょうか。

この理由を考えれば、バッティングマシンで練習することの無意味さが見えてきます。

また、そこからバッティングの本質も見えてきます。

>次のページ:バッティングマシンと投手のボールが違う理由

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手に横隔膜が大切な理由を知っていますか?

2016年6月7日

野球の守備が上手くなりたければ、バッティングカウントを知れ

2016年12月22日

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない

2016年11月15日

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

2017年7月19日

バッティングが上手くいかない原因は目で見たもので判断するから

2017年4月1日

打者がバッティング練習ですべきことは1つだけ

2017年4月13日