筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

野球選手は「筋トレ」をして筋肉を肥大化させることが大好きです。

最近では、とにかく「筋肉」をつけても野球選手には意味がないことは知られつつあります(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ』)。

とはいえ多くの野球選手は知らないのか、辞めてしまうのが怖いのか「筋トレ」を続けています。

そんな方には「強さ」の定義をお考えてになることをおススメしています(『野球選手としての「強さ」の定義 ~トレーニングでどう強くなりたいのか~』)。

本日の記事のタイトルにある「筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい」にピンと来た人はかなり感度が良い方でしょう。

矛盾しているように感じるでしょうか?

「筋肉」について適切に考えられている人からすれば、まったく矛盾していない内容です。

では、本日のタイトルの意味が理解できるように解説していきましょう。

>次のページ:野球選手なら知っておきたい「筋肉」と「関節」の働き

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングにスイングスピードはいらない

2017年2月13日

王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~

2016年3月16日

筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~

2016年2月27日

打者は「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすい?

2016年5月11日

大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になる

2017年9月21日

野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか

2017年11月10日