三振を減らすために必要なことは2つだけ

三振をしないために必要な2つのこと

「三振」はバッターであれば誰もが避けたいことでしょう。

細かい理由は抜きにしても、なんとなく屈辱的なイメージがあります。

三振をしてしまってベンチに帰っていく時は、何ともいたたまれない気持ちになってしまいます。

良いイメージを持っている人はほとんどいないでしょう。

それが、見逃し三振ともなるとイメージはさらによくありません。

そんなバッターにとって天敵な「三振」はどうすればしないで済むことができるでしょうか。

様々なアドバイスを受けると思いますが、実は「三振」を減らすにはたった2つだけのことを注意していれば可能です。

そしてあらゆるアドバイスも集約していけば、たった2つのことに行き着きます。

その2つとは

「正しい待ち方をすること」と「予備動作をなくすこと」

です。

当然ながら、「投手の実力が圧倒的に勝っている場合」といった数日ではどうにもならない問題は除いて考える必要があります。

そんな場合には、とにかく経験を積んで出直すしかありません。

しかし、

「ストライクを見逃した後にボール球を振って空振りしてしまう」、「完全に自分のスイングを見失って中途半端なスイングをしたことによって三振してしまう」、「振るつもりがなかったのにバットが出てしまった」

というような三振は避けなくてはなりません。

そのためには、「待ち方」と「予備動作」について考え「三振」について研究をする必要性があります。

>次のページ:三振を減らすために必要な「待ち方」と「予備動作をなくすこと」とは

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球が上達する選手は質問もうまい ~あなたは何のためにそれを聞くのか~

2016年5月4日

野球選手のウォーミングアップは7割が無駄

2016年12月17日

これからの野球選手が上達したければ常識を疑うこと

2017年2月9日

打者がバッティングトレーニングすべきことは1つだけ

2016年10月14日

ヘッドをたてることは物理的に無理??!

2015年10月28日

スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか

2016年8月5日