技術向上

バッティングはボールを平行に見てはいけません

「バッティングはボールを平行に見て打て」は嘘

バッティングをしている時「ボールを平行に見て打ちましょう」とアドバイスされたことはないでしょうか。

このアドバイスは、バッティングをする時の打者の目線に関するものですが、ボールを平行に見ることができればどのような効果があるのでしょうか。

恐らくバッティングが良くなるアドバイスであることは理解できても、その内容については不明確な部分が多いのではないでしょうか。

「ボール」を平行に見る効果については、少し人体について勉強をすれば見えてきます。

それは、

ボールを平行に見てしまうとバッティングが良くならない

という事実です。

何となく平行に見ることができれば、的確にボールを捉えられるような気がするため言い伝えられているのでしょう。

しかし、人間の身体の特徴を考えれば「ボール」の見方は「平行」ではいけません。

ボールは「斜め」に見ましょう

というか現実的な話、人間は「斜め」に見ないとバッティングができません。

いくら意識しても「平行」にボールを見ることはできませんし、仮にできたとしてもバットをスイングすることができなくなるでしょう。

現実的でないことを目指してバッティング練習しても意味がありません。

次のページ:ボールを平行に見るとそもそもスイングできない

技術向上の関連記事

Contents Menu

ホームランを打つにはバレルゾーン
これからの野球界は”下剋上”の波が吹き荒れる?!
バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服する方法
野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう
甲子園に2度出場し、社会人野球で全国1位を経験して思うこと
「ボールをよく見たら打てない」は本当でした。

最新記事のチェックにフォローしよう