技術向上

バッティングの結果が出ない時に最もやってはいけいないのは練習をすること

バッティングの結果が出ない時に最もやってはいけいないのは練習をすること

古くから野球界は、何らかの良い結果を生み出せない時、つまり何らかの失敗をしてしまった時、同じ失敗をしないために、ひたすら練習を繰り返します。

空振りすることが多ければ、ひたすら素振りをし、ゴロをトンネルしてしまえば捕れるようになるまでひたすらノックを繰り返します。

とにかく練習量で失敗を取り戻そうとします。

「上手くいかない理由は練習量が足りないから」と言われ続けてきました。

しかし、この考え方は最も楽な考え方で、身体はしんどくても頭を使う必要がありません。

そして厄介なことに、

練習をした本人はがんばった気になるため効果があるように感じてしまうため辞められないこと

です。

こんな思考を繰り返していると、いくら練習をしても足りないことになります。

失敗するたびに練習量を増やし、ひたすら上手くいかなかったプレーを繰り返し続けます。

そんな野球界だからこそ、おすすめする考え方があります。

それは

失敗した時に最もやってはいけないことは練習だと考えること

です。

むしろ失敗した時ほど練習量を減らしましょう。

ただでさえ野球選手はオーバーワーク過ぎるので休むだけでパフォーマンスが向上する人もいるでしょう。

>次のページ:練習をしたから大丈夫・・・が最も危険

技術向上の関連記事

Contents Menu

イレギュラーバウンドする打球を打つバッティング方法
野球界の先輩絶対主義はもう終わり
好きな野球を楽しまなきゃ損です ~苦しい練習を楽しくする方法~
体幹を使ったバッティングって何?
野球選手は失敗した時に練習しない方が上手くなる
選球眼を良くしたいならボールを良く見てはいけません。

最新記事のチェックにフォローしよう